早稲田文系院生の絶望ブログ

早稲田大学の文系院生みゃー兄。就活、バイト、研究。人生にいろいろ絶望しながらギリギリ生きてます。

いまさら大学の学位記が届いた話

f:id:myanii:20200414222022j:image

いまさら大学の学位記が届いた話

どーも、みゃー兄です。今日は少し短い話をば。

 

コロナウイルスが日本を騒がす中、当然の如く大学も大きな影響を受けています。入学式の中止、授業開始の延期やら、オンライン授業の決定などなど、、、

 

色々ありはしたものの、実は最初にその影響が出たのは卒業式というイベントでした。

卒業式では式典の他、学位記の授与が行われることになっています。

「学位記」というのは早い話が卒業証書のようなもの。取得した学位の内容と自分の名前が書いてあります。

 

しかし卒業式は中止。学位記の授与は行われず、後日自宅への郵送という形になりました。本来学位記はゼミの先生から渡される予定だったそう。先生には大学院の推薦受験の時など色々とお世話になっており、ぜひ卒業式の日には一度お会いしたいと考えていたので少し残念でした。

 

そしてつい先日、4月も半ばに差し掛かろうかというところで学位記が自宅に配送。なんとも味気のない段ボールに入れられたそれを取り出して眺めていると、少し感慨深い思いにかられている自分がいました。

 

何も楽しいことのない灰色な大学生活だったけど、自分はこの早稲田で勉強をしてちゃんと四年間で卒業できたんだなってこと。そして何も残せなかったと思っていた四年間にも、振り返ればそこには自分なりの足跡が残っていたこと。

 

そんなことを考えていました。

 

青春の中に「月日」があったこと

俺の好きな漫画に「ちはやふる」という競技かるたを題材にした作品があります。その中にとても好きなセリフがあるのです。それはかるたの名人位を持つ周防という男が、働いている予備校で生徒たちに言ったことです。それはこんな言葉。

 

「僕は器用でしたので 予備校に行かずとも東大にはいれましたが 青春ぽい日々はなくて…… まあ 君たちのこともザマァ(笑)と思いますよね」

 

「でも ある日 気がついたんです 『青春』という文字の中に『月日』があったことに とたんに青春が惜しくなりました 自分の中に青春を探し始めました」

 

青春』いう文字の中に中に『月日』がある…わかるようなわからないような、でも妙に納得してしまう言葉が俺はとても好きなんです。

 

自分にも月日があったこと、そしてそれは青春だったこと。

いつも忘れてしまいそうになるけど、この言葉を寄る辺に大学院生活を送っていきたいと思います。

 

読んでくれてありがとう。お疲れさまでした。よかったらツイッターのフォローお願いします。

 

~こちらの記事もどうぞ~ 

 

 

近所でクラスター感染が起こった話【中野江古田病院】

f:id:myanii:20200412223257j:plain

近所でクラスター感染が起こったらしい。

どーも、みゃー兄です。近所でクラスター感染が起こりました。

 

集団感染が起こったのは中野江古田病院。なんと90人近くが一気に感染。その上ヤバいのはそれをつい最近まで病院ぐるみで隠蔽していたらしい。医師の1人がそれを見かねて保健所に通報し、事が明るみに出たようです。

 

実は俺は大学進学と同時に東京に出てきてから4年間ずっと中野区に住んでいます。中野ブロードウェイ中野サンプラザなどの有名スポットが中野駅周辺に位置し、文化の中心になっています。それ以外の場所では住宅地や公園が多く、割合落ち着いた雰囲気の区です。

 

それなりに住みやすい街、、、それが俺の抱いていた中野区のイメージです。

しかし今回の件はマジで衝撃を受けました。そんな平和な街の中、目と鼻の先でこんなことが起ころうとは。

 

去年の夏に「天気の子」という新海誠監督の作品を見に行こうと、散歩がてら練馬にあるとしまえんの近くの映画館に行ったことがあります。

その道すがらに「中野江古田病院」があったのですが、それを見かけたときの印象は普通の小さな病院という感じでした。ちょっと古い感じはありますが。

 

感染者が出てしますのはもう仕方のないことだと思います。国の自粛に対する支援も少ないですし、要請にも強制力はありません。人同士の接触が起こってしますのは不可避です。

 

ただ感染者の「隠蔽」は違うだろうと。しかもそれをしたのが病院ってのが信じられません。

 

コロナ=悪というのは少し間違っていると思うのです。外出自粛を行わない人、衛生観念のない人、発症を隠す人、、、本当に悪いのは人間の行動でしょう。

地震や台風など様々な災害があります。それに伴って二次的に「人災」が起こることもあるでしょう。しかし今回のコロナウイルスほどその人災という面が際立つ災害は無いと思います。

 

外出はできるだけ自粛していたのですが、これまで以上に気を引き締めなくてはなりません。いよいよシャレにならないレベルで外に出れなくなりました。

 

これから先、身近でこういったことがたくさん起こると思います。まずは自分が感染しないようにしっかり気を付けましょう。

 

読んでくれてありがとう。お疲れさまでした。よかったらツイッターのフォローお願いします。

 

~こちらの記事もどうぞ~

 

 

コロナウイルスのせいでバイトをクビになりました。

f:id:myanii:20200404233333j:plain

コロナウイルスのせいでバイトをクビになりました。

どーも、みゃー兄です。この前自分はこんな記事を書きました。まずは少しこちらを読んでみてください。

この記事を書いた理由はそう、コロナウイルスのせいでバイトをクビになったから。

 

俺は大学院に進学するにあたって、家賃以外のすべての生活費をアルバイトによって賄わなければいけないことになっています。

 

今やっているバイトは一つ。業種は販売・接客系。週2日フルタイムで量販店に赴き、お客さんに特定の商品を売りまくる、、、というお仕事です。

今年の2月下旬くらいにお仕事はスタート。覚えることはそこまで多くないですが、ずーっとお客さんに接客して商品を買ってもらうのはそれなりに大変です。

ただ性に合っていたのか、接客未経験ながら意外と上手く商品を売ることができました。

 

その上このお仕事は結構フリーダム。売り場には全然違う会社の人がそれぞれ入ってお客さんに接客する形。自分と同じ会社から来ている人はいません。なのでその売り場で長いこと働いている先輩的な人はいても、直接の「上司」はいない感じ。

だから休憩時間も割合自由にとっていいし、売り場のどこにいてもいい。なんだったら早く上がりたいときは早く上がっていいというゆるさ。

 

そして何より金払いが良い。求人に応募するきっかけになったのがこれでした。なんと時給1500円。一か月休まずしっかり週二日フルタイムで働けば10万円近くの金が入ります。

 

仕事の楽さに加えてこの給料。はっきり言って神バイトでした。今までやってきたどのバイトよりも環境が良かったです。周りで働いている人も優しい人が多いし。

 

突然の電話、突然のクビ

マジで最高のバイトだぜ~~ホントに神ですわ~、、、

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

 

4月頭、突然スマホに電話が。すかさずとると店舗派遣の担当者の方からこんなことを告げられました。

 

「4月末まででバイトを終わりにさせてほしい」

 

一瞬耳を疑った自分ですが、なぜかその時はすんなりと受け入れてしまいました。コロナの影響がこんなところまで来てしまったのかという驚きにあっけにとられていたのです。

 

クビの原因はコロナウイルスの影響による店舗の客足の急激な減少。また商品の製造が滞り、在庫が減少しているため売るものがないという現状も理由の一つだと説明されました。

 

しかし同時にこんなことも伝えられました。もしもこのコロナウイルスが終息したら同じところで再雇用の可能性もあると。ただそれはいつになるかわからず、とりあえず六月以降になることは確実だそうです。

 

その電話から少し時間がたった後、ようやく自分の現状を理解し始める俺。あれ…これやばくね? みたいな。資金源が完全に断たれたのです。

再雇用の話もありましたが、それも全然希望のある話じゃありません。日本のコロナウイルスが終息するかどうか任せの飼い殺し状態なのですから。

 

正直…前向きに考えるとまだバイトをクビになったぐらいでよかったとも思いました。内定取り消しや正社員の整理解雇とかシャレになりません。

 

俺も現金給付貰えないかな…。30万円の特別給付制度ってあれおかしいですよね。貰える人ってコロナウイルスに関係なく元々支援が必要な方たちじゃないですか。コロナで本当に困ってる人にちゃんと行き届くのか甚だ疑問です。

 

今回の一件で学んだこと

とにかく今回学んだことはバイトや派遣などの正規雇用はマジでまずいってことです。俺は将来フリーターでもやって適当に生きるのもアリかもしれないと考えていたことがありますが、それは本当に甘い考え方でした。

 

正規雇用は企業にとって所詮、労働力のいい調節弁でしかありません。足りなければ補い、あぶれれば切る。その程度の存在でしかないのです。悲しいですが、それを身をもって実感しました。

 

加えてバイトはクビになっても退職金や失業保険も貰えません。貯蓄がなければ次につなげるために必要な生活費もままならないのです。

 

責任は重くともやはり正社員として生きていくしかない…。たとえ精神を摩耗させ、深い絶望に堕ちようとも…。

 

就活も厳しくなりそうなので、ホワイト企業への就職は叶わないでしょう。ブラック企業社畜決定です。

 

やはり俺には明るい未来なんてものはなさそうだ…。

 

読んでくれてありがとう。お疲れさまです。よかったらツイッターのフォローお願いします。

 

~こちらの記事もどうぞ~

myanii.hatenablog.com

 

 

1人暮らしの激狭キッチンで唐揚げ作ってみた

激セマキッチンで唐揚げづくり

どーも、みゃー兄です。最近自炊を始めることに決めました。経緯はこちらの記事から。

調理器具、調味料を一通り揃えていざ自炊開始! しかし俺は何を作ればいいか考えあぐねていました。楽なのがいいか、少し手間がかかる方が経験になるか、、、。

 

迷った挙句、結局俺は食べたいものを作ることに。そう、それは「唐揚げ」でした。

 

てことで、まずは材料集め。鶏もも肉二枚、しょうがとニンニクをスーパーで買いあさりました。

鶏もも肉は700円くらい。まあこれはいいのですが、ニンニクが高い高い。200円近くしました。国産なので仕方ないのですが、、、。小さいスーパーなのでそれ以外においてなかったんですよね。

 

調理開始!

まずは鶏もも肉を一口大サイズに切り分けます。少し小さめに切り分けるのがポイント。定食屋などで食べる唐揚げは大きめでインパクトがあるが、家で数を沢山食べるときは小さめの方が良いと思います。味の染み込みや火の通りも良くなります。

あと肉についた脂はしっかり取り除きましょう。食感も悪いし臭みがあってまずいので。

 

ボウルに細かく分けた鶏肉を入れ、その上からニンニク4欠片、しょうが一欠片をすりおろす。次にしょうゆ大さじ3、酒大さじ2、ごま油少々、レモン少々、こしょう少々、塩少々を入れる。

よく混ぜ合わせて下味をつけるために冷蔵庫で一時間ほどしっかり寝かす。

 

そして揚げ物開始。油を鍋に敷いたら下味をつけた鶏肉を投入。180℃くらいで少し長めに揚げる。衣に少し焼き色がついてきたら一回バットや皿に戻しましょう。んでもう一回油の中に投入。次は200℃で一気に上げ直します。良い感じにきつね色になったら完成です。

この二度揚げのプロセスがあるかないかで全然違うと思います。衣がカリッカリなるので。

 

そして、、、完成したのがこちらです!

f:id:myanii:20200410223829j:image

最初にしてはなかなかの出来なんじゃないでしょうか?味も美味しかったです。ただもう少し濃いめの味付けでもいいかなと思ったので、次回は少し下味をつけるときに寝かす時間を増やしたり、しょうゆを入れる量を増やしたいです。

 

しかし、キッチンが狭いってホントに悪ですね、、、マジで作りにくかったです。調理するときも、最後に洗い物をするときもホントに面倒くさい。これは色々工夫が必要ですね。

 

正直できたものは美味しかったけど、面倒くさすぎて次回また自炊をやる気になるかどうか、、、

コンビニ弁当や外食って飽きくるけど、やっぱコスパは良いですね。材料の買い出し、調理、洗い物。食べること以外のすべてが省けるわけですから。

 

まあ今度は揚げ物はやらないかな。時間もかかるし、後片付けがとにかく大変。油は処理が面倒です。

 

レシピ本でも見て次の料理のネタを漁ってまた頑張ってみたいと思います。

 

読んでくれてありがとう。お疲れさまでした。よかったらツイッターのフォローお願いします。

 

~こちらの記事もどうぞ~

myanii.hatenablog.com

 

 

なぜ俺は大学四年間で一度も病気にならなかったのか? コロナウイルスの話も添えて語る

大学四年間で病気に一度もならなかった方法

どーも、みゃー兄です。現在コロナウイルスが世界、日本でパンデミックを起こしています。

 

色々不安にもなりますが、そこでふと思い出したのです。そういえば俺、大学四年間で一度も病気になったことないじゃんと。

 

1人暮らしにおいて一番怖いのは病気に罹ってしまうこと。風邪やインフルエンザに伴う発熱や倦怠感は自宅からの外出を不可能にし、食料や薬などの用意がなければ詰むことになります。

 

そのリスクを抱えながら一人暮らしは続いていたのですが、結局大学四年間で一度も病気にはなりませんでした。

 

一体それはなぜなのか? その理由を考えてみると、答えにすぐに辿り着きました。

 

そう、俺は大学四年間ぼっち+結構な潔癖症だったのです。

 

サークルやバイトもしておらず、唯一所属していた集団はゼミくらい。そのゼミも週一回程度であまり活動していませんでした。そのため友達もおらず、授業は基本的に一人で受講。ランチタイムも勿論一人です。

またパーソナルスペースがやや広めな自分は常に他人と距離を置くことを意識し、教室内の座席ではいつも後ろの方に鎮座。隣に誰かがいないことを確認して着席していました。

 

加えて俺はなかなかの潔癖症。家には除菌用アルコールがいくつも配備されています。家に帰ったら手を綺麗に洗うことは勿論、スマホなどよく触るものを除菌しています。他にもかなり潔癖症の例を挙げることができるのですが恥ずかしいのでこの程度にしときます。

 

コロナウイルスの対策の一つとして他者との接触を控えるように求められています。そして手洗いや除菌などを徹底することも大事です。

しかしこのような対策手段に未だ懐疑的な意見を持っている人間も少数ではありますがいるでしょう。「結局何しても罹っちゃうんじゃないの?ほんとにそんなことして意味あるの? 」みたいな。

 

意味あります。マジで。大学4年間上記のような生活を続けて一度も病気にならなかった自分が言うんだから間違いありません。

また俺は授業のないときは外に出ずほとんど家に引き籠っていたのですが、これも間違いなく病気の予防に効果があったと思います。外出の自粛も確実に感染拡大を防ぐでしょう。

 

ただ注意してほしいのは、そのような生活習慣は体の病は防ぐことができても、心の病は防ぐことができないということ。いやむしろ精神的に病む可能性を増長させるでしょう。

 

ぼっちになる孤独や引き籠ることによる憂鬱と退屈は人間の精神に良い影響を与えません。潔癖症だって強迫性障害という立派な病気なのですから。

 

今回のコロナ騒動がたとえ終息したとしても、これをきっかけとしたメンタル面に与える負の影響はその後も続く可能性は大いにあると思います。

とにかく過敏になりすぎず、不安がりすぎずが肝要です。まずは自分のことを第一に。

 

読んでくれてありがとう。お疲れさまです。よかったらツイッターのフォローお願いします。

 

~こちらの記事もどうぞ~

myanii.hatenablog.com

 

1人暮らし五年目にして自炊を決意。食材ではなく調理器具を買いだめする男。

1人暮らし五年目にして自炊を決意

どーも、みゃー兄です。この度「自炊」することを決意しました。

 

俺は大学入学とともに上京しました。最初は頑張って自炊するぞ!と意気込んでいたのですが、いかんせん住んでいたのは一人暮らしのワンルーム。当然の如くキッチンがすごく狭い。

 

一人暮らしをするにあたって多少自炊するための道具は取りそろえていたのですが、そのキッチンの狭さに入学したばかりの俺は辟易し、自炊は習慣化することはありませんでした。

そして一人暮らしを始めてからつい最近学部を卒業した今日に至るまで、いつも大学の近くの安い定食屋かラーメンなどで外食したり、コンビニでお弁当を買って腹を満たしていました。

 

しかしやっぱり飽きるものです。そういった食生活は。行きつけの店、弁当をうまくルーティーンさせながら騙し騙しやってきましたがもう限界です。

 

そこで俺は決意しました。自炊をしようと。手間は掛かるが自分次第で好きなモノを作れるし、ハマれば一つの趣味にだってできる。外食より安く済む場合もあるし。

いま日本、そして世界がコロナで大変なことになっています。でもこんなときだからこそ、自分の力で自炊を行い地に足つけてしっかり生活していこうと。

 

まあコロナのせいでバイトをクビになったりしたので、ホントは何か新しいことを始めて現実逃避したかっただけかもしれませんが(笑)

 

食材ではなく調理器具を買いました。

自炊を決意した俺はまず調理器具の購入から始めることにしました。俺は形から入るタイプの人間です。

 

そこでまず購入したのはティファールのフライパンと鍋の9点セット。フライパン大小、鍋大小が一つずつと、鍋蓋、そして取っ手が付いてきます。普段はアマゾンで買い物しているのですが、在庫がなかったため楽天の方で購入しました。カラーはルビーを選択。結構赤い調理器具が好きなんです。

f:id:myanii:20200407002403j:image

f:id:myanii:20200407002427j:image

俺が大事にしたポイントは取っ手が取れるタイプであるということ。狭い洗い場では取っ手部分が邪魔になることが非常に多く、それも自炊から自分を遠ざけた一因でした。

1人暮らしをしている方で調理器具のご購入を検討している方は絶対取っ手が取れるタイプを買ったほうが良いです。

 

他にも生活用品の買い出しのついでに近所にある調理器具専門店に立ち寄って玉子焼き用のフライパンを買ってきました。1人暮らしでは卵の運用が非常に難しいです。何かの料理に使っても、必ず余らせてしまうのです。なのでそれをうまく消費できる玉子焼きを作る必要があります。だから買ってきました。

f:id:myanii:20200407003055j:image

これはなんと鉄製!熱伝導はテフロン加工のものと比べてかなり良い。

しかし店員さんの話では洗剤を使って洗うのはダメだとか。使った後はお湯で汚れを流すそう。その後空焼きしたりして水気をしっかり飛ばさないと錆びるらしい。いろいろメンテナンスが面倒くさそうです(だから気に入った)。

 

他にも無印良品でボウルやバット、ざる、アカシアの木材できた皿などを購入しました。不足してるものを補う感じで。やっぱり実店舗に行かないと何が家に足りないかわかりませんね。

 

数日で結構な調理器具を買い込みました。そんでぶっちゃけかなりお金を使いました。まあ普段他に高いモノを買ったり、友達と遊びに行ったりしないので、金を使ってないしたまにはいいのかなと。

 

今度暇なときにどんな料理を作ったかブログに上げたいと思います。それかYoutubeに料理動画でもアップしてみるのもいいかもしれない、、、そのときはよかったら見てください。

 

読んでくれてありがとう。お疲れさまでした。よかったらツイッターのフォローお願いします。

 

~こちらの記事もどうぞ~

myanii.hatenablog.com

 

 

 

もう色々終わりかもしれない話

f:id:myanii:20200404233333j:plain

もう色々終わりかもしれない話

どーも、みゃー兄です。

 

率直に言ってコロナの影響がやばいです。

 

俺はこの春、大学院に入学することになっています。コロナの影響で授業開始は5月11日に延期。なおかつ春学期は原則オンデマンド授業で行うそうです。このニュースを聞いたとき、正直勉強が楽になるので自分はありがたいなと思っていました。

 

しかし当然悪い側面もあります。それは今現在直面している外出の自粛や、様々なモノの品薄状態など、、、加えて来年に控えた就活も相当やばいことになるでしょう。

 

就活。学部時代、俺はそのことから逃げ出してしまいました。少しそのことを後悔しています。恐らくリーマンショック、、、あるいはそれ以上の不況、就職氷河期が訪れるかもしれない。

 

結構不安です。なぜ不安になっているかというと、「雇用」に関して、俺は一昨日コロナの影響を直に受けてしまったのです。

 

端的に言うとバイトをクビになりました。

 

精神的にどん底にいた1、2月。そこから授業開始延期を知って少し心にゆとりを持つことができて、3月頃から復調し始めていたところにこの仕打ち。

 

バイトをクビになった話はまた詳しくしたいと思います。

 

とにかくもうダメだ。生活費は家賃以外は自分で払わなくてはいけないという約束で俺は大学院に進学しました。だがその生活費を稼ぐ手段を絶たれてしまった。

 

この現状も、来年に控えた就活も絶望しかない。いよいよこの「絶望ブログ」が本格的に俺の闇を垂れ流す場所に堕ちていきそうな気がします。

 

読んでくれてありがとう。お疲れさまでした。よかったらツイッターのフォローよろしくお願いします。

 

~こちらの記事もどうぞ~

よかったらポチっと投票お願いします!にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村